Vimium: テキスト入力とUIインタラクションの後、フォーカスをページに戻します

作成日 2010å¹´10月08日  Â·  13コメント  Â·  ソース: philc/vimium

Webページ内のテキスト入力ボックスとブラウザGUIのアドレス入力ボックス(Ctrl-L)はフォーカスを奪い、「コマンドモード」のスクロールなどに戻る方法はありません。Ctrl-を使用できると便利です。 CまたはEscを押して、「挿入モード」から脱出します。

再現するには:

  1. http://www.google.comにアクセスし、検索クエリ入力ボックスにタブで移動して、クエリの入力を開始します。 クエリ入力ボックスをエスケープして検索結果をスクロールする方法はありません。
  2. Ctrl-Lを入力してURLを入力します(これを行う他のvimのような方法はありますか?)。 ロードされたページをキーでナビゲートする方法はありません。

クロムブラウザ6.0.472.62(59676)Ubuntu10.04を使用しています

最も参考になるコメント

そして今、私の解決策は、ctrl + fを使用してページを検索し、ページのコンテンツに戻ることです。

全てのコメント13件

私は通常、これを回避するためにタブを押すことになります

みんな、意図されたデザインは挿入モード(これはあなたがテキストボックスに焦点を合わせているときを含む)の間に「esc」を押すことであり、あなたはコマンドモードに入るでしょう。 これは、google.comを含むすべての場所で機能します。

ブラウザのアドレスバーはWebページ内にないため、別の問題です。 Chromeでは、アドレスバーに入力している間はキーストロークにアクセスできないため、現時点では、コマンドモードにする方法はありません。 jb55が述べたようにタブを押すことは、回避策です。

私が最初に報告したよりも微妙だと思います。 再現性についてこれ以上の指針を与えていないことをお詫びします。 グーグルで検索クエリを入力し(挿入モードがオンになります)、エスケープを押し(挿入モードが消えます)、もう一度エスケープを押します(挿入モードが再び表示されます)。さらにエスケープキーを押してもコマンドモードに戻りません。

ああ、わかりました。 さらに調査するために、このバグを再度開きます。

これはLinux上のchromiumのバグです。 Windows(およびMacだと思います)では、F6を押してオムニバーをエスケープできますが、Linuxではそうではありません。 私はバグレポートを提出したので、これが気になる場合はそこで教えてください:-)

(1)と(2)の両方が今私のために働いているようです。 それでも問題が解決しない場合は、再度開いてください。 ありがとう!

修正:(2)はLinuxでのみ発生するバグです。 詳細については、上記のバグレポートをご覧ください。 私のコンピューターは1週間前に壊れたので、テストできません。

残念ながら、2は修正できるバグではありません。 拡張機能の制御の範囲外です。 #459で独自のURLバーを実装しているため、これはある程度緩和されます。

それがvimiumの範囲外であることは誰もが理解していますが、もう1つの優れたハックがここにあります: http :

そして今、私の解決策は、ctrl + fを使用してページを検索し、ページのコンテンツに戻ることです。

@ jb55の方法を使用している

@ jb55の方法を使用している

これは私には機能しません。Tabキーを押すと次の拡張機能にフォーカスされます。

image

またはこの場合、好きな星のこと

私は素晴らしいShortkeys拡張機能で同じ機能を求めています(Vimiumを素晴らしく補完します)。

ここでも説明しているように、URLバーからページにフォーカスを戻すための私の(煩わしい、遅いが一貫性のある)回避策は次のとおり

過去数年間、私はこのスレッドでソリューションを使用してきました。クエリURL javascript:を指すChromeカスタム検索エンジンを作成し、それを文字「u」にマッピングしました。 アドレスバーにいて終了したい場合は、URLバーのすべてを削除し、 u + enterます。

カーソルがURLバーにあるときにショートカットを使用してJavaScriptを実行できる場合、おそらくこれが答えですか?

image

このページは役に立ちましたか?
0 / 5 - 0 評価